MENU

ラベリングアートワークに隠されているものとは?【前編】|ニュース&コラム|品質マネジメントシステム(QMS)管理ソフトウェアならマスターコントロール

ニュース

MASTERCONTROL NEWS

コラム

ラベリングアートワークに隠されているものとは?【前編】

2019-03-12

 

ラベリングアートワークのドキュメントには、手作業による校正をしている人には見えない、隠されたリスクがあることをご存じですか?

もちろん、誰かが故意にリスクを発生させているわけではありません。

ライフサイエンス企業の社内または外部委託業者に所属するグラフィックデザイナーは、業界特有の課題を抱えているのです。 優れたビジュアルを作成するだけではなく、事業を取り巻く規制環境を深く理解しているかを求められているのです。

グラフィックデザイナーが全員、常に規制上のベストプラクティスをすべて順守できると想定することは、決して現実的ではありません。その為、そこに隠されたリスクをみつける方法、そして将来的にそうしたリスクを回避する方法を理解することが重要となります。

目に見えないものから害を受ける可能性

・ ラベリングアートワークに隠された最も一般的なリスクとは何か
・ どのようにリスクが発生するのか、またその理由とは何か
・ リスクに対するドキュメントの確認方法
・ 将来的なリスクの発生防止に貢献するベストプラクティスとは何か

問題 #1 – PDF変換における問題​


グラフィックデザイナーは、Adobe IllustratorやAdobe InDesign等のデザイン向けソフトウェアを使用して、ラベリングのアートワークを作成します。これらのソフトウェアは高額かつ複雑であるため、社内レビューの際にはPDFなどの一般的なフォーマットに変換し、デザインプルーフが承認された後、印刷業者への依頼を行います。。

アートワークのデザインプルーフとしてPDFがよく使用されていますが、所定のアプリケーションからPDFにエクスポートする際、推奨の方法が用いられていないケースなどで問題が発生する場合があります。

ここで、ベストプラクティスに従わない場合に生じる問題の例をご紹介します。 

・ 文字化け:画面や印刷物上の表示では正常に表示されていても、テキストに使用されたUnicodeのコード値(多くのソフトウェアで読み取り可能な文字を定義したユニークなコード)が取り除かれてしまうことがあります。Unicodeは、テキストを音声に変換するアプリケーションで使用されている為、文字化けが発生した場合、アクセシビリティに問題が生じる可能性があり、ドキュメントを読み上げるアプリケーションを使用することができなくなる可能性があります。

・ 環境にないフォント:推奨されるPDFへの変換方法を使用している場合、ドキュメントで使用されている全てのフォントはファイル内に埋め込まれる為、常に正しい形式で表示されます。しかし、フォントが埋め込まれていない場合、テキストが異なるフォントで表示されたり、判読できない "ゴミ"として表示されたりする可能性があります。このような問題が発生してしまった場合、追加の修正作業や再印刷などが必要となるケースが出てきます。

PDF変換の問題を確認する方法

文字化けは、デザインプルーフ内のテキストをメモ帳などのテキストエディターにコピーすることで確認が可能で、コピーしたテキストが正しく表示されていれば、文字化けが発生することはありません。また、テキストを読み上げるソフトを使用して、実際に読み取らせることでも確認が可能です。

また、埋め込みフォントの確認は、Adobe Acrobat(またはAcrobat Reader)を使用することで可能となります。ファイル/プロパティに移動し、フォントタというブから埋め込まれたフォントを確認することができます。

PDF変換の問題を回避する方法

PDF変換におけるベストプラクティスを理解し、それを守らなかった場合に発生する問題について認識する必要があります。また、推奨されるPDFへの変換方法は、各デザインソフトウェアにて決められており、この方法を守るようにしましょう。

また、 印刷業者に発注する前にPDFのプリフライトチェックを行うことも有効です。プリフライトチェックは、PDFファイルに対して複数のチェックを実施し、印刷への準備が整っているかを確認します。多くのデザインソフトには、プリフライトチェック機能が搭載されていますが、サードパーティー製品を利用することも可能です。

後編では他のラベリングに関する課題等をご紹介いたしますので、お楽しみに!

Lisa Weeks, MasterControl Inc., Marketing Communications 著者のご紹介
Dan Vuksanovich, MM, MBA Dan Vuksanovich, MM, MBAは、約20年にわたり、テクノロジー関連のビジネス上の課題解決に取り組んできました。大学生及び大学院生時代は、クラッシックギターのパフォーマンスを研究。その後、情報技術へとキャリアパスを転向。ITコンサルタント及びビジネスオーナーとして、クライアントの生産性向上とリスク低減を徹底して追求してきました。常に新しいことへのチャレンジを追い求め、2010年にMBAを取得後ソフトウェアのマーケティング及びセールスの世界に足を踏み入れました。テクノロジー、マーケティング及びセールスが一体化したバックグラウンドを有することにより、Vuksanovichはビジネスとテクノロジーの両言語で思考することができることにおいて、他者とは一線を画しているのです。
彼は現在、Schlafender HaseのRegional Sales Managerとして北アメリカを担当し、ライフサイエンス業界の規制、ラベリング、グラフィックデザイン及びテクニカルライティング/エディティンググループと協働し、生産性及びリスクマネジメントの課題解決に取り組んでいます。

本投稿は、英語の文献を元に翻訳または抄訳及び校正を行っており、本サイトに掲載されている全ての情報や画像の著作権は、当社(マスターコントロール株式会社)に帰属します(他社提供のクレジット表記入り画像等を除く)。コンテンツの再発行及び再配布は、個人利用の場合を除き、当社より許可を得た場合のみ可能です。また、本ブログを含む当社のWebコンテンツを利用することで発生する損害やトラブルについて、当社は一切の責任を負いません。

一覧へもどる

 Ⓒ Copyright 2000-2017 MasterControl K.K.
ALL RIGHTS RESERVED.

ページのトップへ