MENU

従来のMESソリューションを採用する際の6つの共通障壁|ニュース&コラム|品質マネジメントシステム(QMS)管理ソフトウェアならマスターコントロール

ニュース

MASTERCONTROL NEWS

コラム

従来のMESソリューションを採用する際の6つの共通障壁

2022-05-26

製造業の間では、製造実行システム(MES)が完全なペーパーレス現場への最も直接的な道であるという認識が長年に渡って存在しています。しかし、多くの製造現場では、従来のMESを採用することが障壁となり、製造環境のデジタル化と自動化が進まないでいます。

今日、新しい製造技術は、従来のMESよりもスマートで迅速、かつ手頃な価格でペーパーレス現場の機会を提供しています。

MasterControlの新しいindustry briefでは、従来のMESソリューションを採用する際に一般的に認識されている障壁と、製造業におけるデジタル化への道がいかに容易であるかについて説明しています。

MESソリューションの障壁その1:長期的でコストのかかる導入
従来のMESソリューションは、複雑さにもよりますが、社内の要件収集、予算策定、選定、そして実際のMES導入に何年もかかる場合があります。MESツールキットをベースにしたカスタムメイドのMES構成は、ライセンスとサービス料の比率が1:5以上になることもあります。市販のMESソリューションの場合、1:2.1程度です。

しかし、MasterControl Manufacturing Excellenceのような最新の製造実行ソリューションは、通常、計画から稼動まで6ヶ月以内で実装され、ハードウェアの初期費用やITおよび外部コンサルタントの大規模なチームによるリソース浪費は必要ありません。クラウドベースのソリューションのライセンスとサービスの比率は3:1で、カスタムビルドのMES構成や市販のMESソフトウェアの構成よりもはるかに優れています。

Get quality in order with the #1 QMS in life sciences.  Learn More

MESソリューションの障害その2:硬直的なプロセス構成
従来のMESソリューションは、特定の要件やアーキテクチャに合わせて構築された硬直的なシステムであることが一般的でした。既製のMESはカスタマイズが可能ですが、ハードコーディングされているため、プロセス、製品、製品パラメータ、または生産量を変更しなければならない場合、MESを適応させることが困難です。システムに変更を加えるには時間がかかり、コストのかかるプロセスのリエンジニアリングが必要になります。

MasterControlのような最新の製造ソリューションは、組織がプロセスとパラメータを迅速に適応させることができるノーコード構成を提供します。専用に構築された製造ソリューションは、既存のプロセスとワークフローを容易にサポートし、コストのかかるプロセスのリエンジニアリングを不要にします。設定可能なノーコード・マスターレコード・ビルダーと製品ファミリー・ツールにより、メーカーはマスターレコードを迅速に作成し、テンプレート化し、製品のレシピとバリエーションを容易に管理することができます。

MESソリューションの障壁その3:ユーザーへの浸透の遅れ
変化に対する人々の自然な抵抗と、従来のMESの複雑さが相まって、現場でのペーパーレスソリューションの導入を阻む障壁は非常に高くなる傾向にあります。MESのような機械中心設計のシステムには、高度に自動化するためにソフトウェアが設定されており、そのためにユーザーが犠牲になることが多く、導入と利用がさらに困難になっています。

MasterControl Manufacturing ExcellenceのようなシンプルなMESソリューションは、ユーザーフレンドリーで、あらゆる製造環境向けに設計されており、既存のプロセスやワークフローに簡単にマッピングしてサポートします。このソリューションは、製造業者が現在使用している紙のバッチ記録や機器履歴記録にデジタル的に類似するように構成されていますが、現場でのモバイルテクノロジー用に特別に設計されたユーザーインターフェースを備えているため、作業者になじみやすく、導入しやすくなっています。

MESソリューションの障壁その4:拡張性の難しさ
ほとんどのMES導入では、システムを特定のラインや拠点に展開する際に、コストの妥当性が大きな課題となり、失速するケースがあります。従来のMESは高価であり、多くの場合、そのコストは特定の量産品や高利益率の製品ラインにのみ正当化されるため、MESがすべての製品ラインや拠点に展開されることはほとんどありません。

MasterControlのような最新の製造ソリューションは、一度導入すれば、すべての生産ラインで紙ベースのプロセスを排除できるほどコスト効率に優れています。柔軟性の高いクラウドベースのソリューションは、環境や市場の変化による需要に対応するため、生産ラインやサイト間で迅速にスケールアップやスケールアウトを行うことができます。Manufacturing Excellenceは、従来のMESでは対応が難しかった多品種、高変動、少量、1回限りの生産ラインなどに最適です。

MESソリューションの障害その5:負担の大きいバリデーション
従来のMESは、高度に構成され、カスタマイズされる傾向があるため、ソフトウェアの検証プロセスが非常に困難である場合があります。また、アップグレードや変更を導入しなければならない場合、ペーパーレスの現場システムの検証はさらに困難となり、承認された変更を行うために、変更管理には膨大な人手が必要となります。

MasterControlのような最新の製造ソリューションは、製造業者の重要なビジネスプロセスに焦点を当てた、リスクベースの自動化されたバリデーションアプローチを採用しています。内部検証テストを活用することで、全体的なシステム検証時間を数ヶ月から数時間にまで短縮することができます。変更管理については、高度な特許技術を使用して、レビューが必要な変更を提示し、アップグレードのリスクとコストを抑え、クラウドでの持続可能な検証を可能にします。

MESソリューションの障壁その6:価値実現までの時間の長さ
従来のMESソリューションは大規模な投資であり、製造環境の規模や複雑さによっては、100万ドルから200万ドル、さらにはそれを超える価格帯で導入されることがよくあります。このような価格に加え、価値実現までの時間がかかるため、多くの製造業者、特に中小規模の製造業者にとって、従来のMESソリューションは手の届かないものとなっています。

MasterControlのような最新の製造ソリューションの実装は迅速で、一度実装すれば、すぐに結果を出すことができます。製造エクセレンスのお客様は、労働効率、エラーの削減、適正製造規範の見直しの促進により、通常4~8ヶ月以内に初期投資回収を実現しています。堅牢で持続可能なプロセスおよびオペレーションの改善により、初期投資回収をはるかに上回る、測定可能な長期的価値がもたらされます。

参照
"Top 5 Risks You Need to Know Before Selecting a Manufacturing Execution System," Naveen Poonian, iBASEt, January 2016.

 

著者のご紹介
David Butcher

David Butcherは、15年以上にわたってライフサイエンスと産業用製造業のビジネスとテクノロジーのトレンドを取材してきました。現在はマスターコントロールのコンテンツマーケティングスペシャリストで、以前はThomas Publishing社のIndustry Market Trendsのエディター、Technology Marketing Corp.のCustomer Interaction Solutionsのアシスタントエディターを務めていました。ニューヨーク州立大学パーチェス校でジャーナリズムの学士号を取得しています。

投稿は、英語の文献を元に翻訳または抄訳及び校正を行っており、本サイトに掲載されている全ての情報や画像の著作権は、当社(マスターコントロール株式会社)に帰属します(他社提供のクレジット表記入り画像等を除く)。コンテンツの再発行及び再配布は、個人利用の場合を除き、当社より許可を得た場合のみ可能です。また、本ブログを含む当社のWebコンテンツを利用することで発生する損害やトラブルについて、当社は一切の責任を負いません。

一覧へもどる

©Copyright 2000-2021 MasterControl K.K. ALL RIGHTS RESERVED.

ページのトップへ