MENU

Development Excellence|製品別に探す|品質マネジメントシステム(QMS)管理ソフトウェアならマスターコントロール

Dx

Development Excellence

製品開発管理向けソリューション

MasterControl Development Excellence(以下、MasterControl Dx)は、開発に関わる文書の作成や収集と、開発プロセスの初期段階から品質管理要件を組み入れながら、製品開発ライフサイクル全体の効率化を支援するソリューションです。

Quality by Design(QbD)を業務を超えた理念として取り入れる

MasterControl Dxでは、業界のベストプラクティスを実現するだけに限らず、各工程における可視性と品質維持を実現しながら、複数部門やチーム間におけるコラボレーションをサポートし、開発プロセス全体の自動化を支援しています。

  • QbD(Quality by Design)の導入

    製品仕様がいかに優れていても、市場に展開し続ける為には、品質管理や品質保証などの厳しい規制要件を順守し続ける必要があり、万が一、法令違反の状態が発生した場合、商業的にも深刻なダメージに繋がる危険性があります。MasterControl Dxでは、文書やデータの適切な管理に限らず、開発の初期段階から品質管理や品質保証の要素を組み入れることで、製品のライフサイクルを通じて、適切なプロセスにて運用し続けることを支援しています。

  • 市場展開までのスピードアップ

    競合製品との差別化として、市場展開までのスピードは考慮すべきポイントの一つです。MasterControl Dxは、品質とコンプライアンス、開発効率のバランスを重視しており、開発における設計管理や部品表管理の効率性向上や、各文書やデータの作成または変更時におけるレビューや承認といったプロセスの自動化など、様々な機能を提供することで、製品の市場展開までのスピードアップを支援しています。

  • 品質管理や品質保証、製品開発のバランス

    品質管理や品質保証、製品開発のバランスは、市場での成功の持続性を高める上での重要なポイントの一つです。MasterControl Dxでは、品質管理や品質保証、リスク管理などもサポートしており、顧客からの苦情やフィードバックを社内の関連部門に確実に展開するなど、ライフサイクルの各段階で必要となるタスクを的確に運用することができます。

主要機能

  • 01

    開発文書管理

    開発文書の作成やレビュー、管理タスクの自動化や、複数部門やチーム間におけるコラボレーションをシステム内で運用することで、効率性の向上やコスト削減、作業全体にかかる時間の短縮に繋げることができます。また、レポート機能を使用することで、データを様々な形で抽出することも可能となり、分析等に活用することができます。

    詳しく見る

  • 02

    フォルダー管理

    一つの文書を複数の書庫に保管する必要がある場合、紙ベースで運用している際は対象文書を複製することで、そのような運用を行っています。MasterControl Dxでは、自動化されたフォルダー機能を活用することで、開発・試験に関する文書や記録(手順書、図面、包装など)を自動的に指定されたフォルダー(DHR、DMRなど)に振り分けることで、その管理にかかる手間を大幅に削減することができます。

    詳しく見る

  • 03

    部品構成管理(BOM:Bill of Materials)

    設計段階から部品構成の版数管理を行うことで、各版における構成を適格に管理することができます。また、管理しているBOMデータは、必要に応じて、社内やサプライヤーとの共有も可能です。

    詳しく見る

プラットフォームとしての
マスターコントロール

マスターコントロールは、製品の品質に関わる様々な情報の運用や保存が可能なプラットフォームです。計画段階から開発、製造まで、製品のライフサイクルの各段階における文書や記録、プロセスなど、様々な用途にご活用いただけます。

詳しく見る

システム導入に関するご相談などは、
お問い合わせフォームより必要事項を記入の上、
送信してください

 Ⓒ Copyright 2000-2017 MasterControl K.K.
ALL RIGHTS RESERVED.

ページのトップへ