マスターコントロール

MENU

MasterControl Projects™

ワークフローと連動した新しいプロジェクト管理

新製品開発からシステム導入まで
様々なプロジェクトを管理

MC Doc img

プロジェクト管理に伴う様々な業務を自動化

一般的なプロジェクト管理の現状

プロジェクト管理は様々な業種で実施されている一般的な業務の一つであり、表計算ソフトなどを使用してマニュアル化した管理手法で行っているケースも多いかと思います。この場合、作業自体は容易ですが、各進捗率を手作業で更新したり、担当者を変える場合は、別途連絡をしなくてはいけないなど、単純な作業でも膨大な量となり、結果としてプロジェクト運営の効率化などを議論する前に、事務作業で手一杯になってしまうといったケースも見受けられます。

管理業務を削減し、プロジェクト推進にフォーカス

MasterControl Projects™は、文書作成や報告書作成を伴うプロジェクト管理に特化したソフトウェアです。例えば、新製品の開発のように多くの仕様書や設計書の作成が必要な場合、これらの文書作成をマスターコントロールの文書管理ソフトウェアで運用していれば、MasterControl Projects™はワークフローの進捗率を自動的に表示することができますので、手作業で進捗率を更新する必要がなくなります。また、担当者を入れ替えた場合は、システムが自動的に通知の配信をしてくれるので、Eメールや電話での連絡業務も不要になります。

MC Doc img

完全な電子文書管理を実現

トラッキングの自動化で効率的なタスク管理

マスターコントロールでは、タスクと進捗状況に対するモニタリングを自動化することで、より効率的に各業務プロセスを管理することができます。また、複数のタスク間において従属関係などを設定することで、ワークフローとしても効果的な運用を実現することが可能です。

全社的なプロジェクトでも統合管理を実現

特にQMSに関連する改善プロジェクトや全社的な法規制対応では、様々な部門や研究所、工場の担当者と連携して、管理しなくてはいけないプロジェクトもあるかと思います。マスターコントロールは、一つのプラットフォームで運用されるウェブアプリケーションですので、ワークフローを全社的に運用したり、タスクを拠点の異なる複数の担当者に振り分けたりすることができます。また、情報はリアルタイムで共有されますので、管理者は各プロジェクトの進捗状況をタイムリーに把握することが可能です。

MC Doc img
MC Doc img

行政査察や監査対策も意識

罰金や契約停止、業務停止命令

取引先や社内に対する監査の実施は、行政査察や取引先からの監査で確認される項目の一つであり、法令違反に繋がるような不適切な管理が確認されると、罰金や契約停止、業務停止命令といった深刻な問題を引き起こす可能性があります。

業界を熟知した担当者で製品プロデュース

マスターコントロール製品のプロデュースには、元医薬品メーカーや医療機器、一般製造業界で実際にQAなどをしていた担当者が関わっている為、手順書から関連する教育記録の閲覧を容易にするなど、前述したような品質システム特有のポイントを押さえ、効率的に管理するために必要となる様々な機能を提供しています。

主要機能

  • ライフサイクル管理

    各プロジェクトの版数管理とステータス管理(ドラフト、レビューなど)を自動化、異なる版数のプロジェクトを比較することで、予実管理も容易に

  • レポート機能

    プロジェクトの進捗状況やワークフローの進捗一覧など、様々な一覧をレポート機能で作成可能

  • プロジェクト ワークスペース

    プロジェクトに関する様々な情報を集約、タスクの追加や削除、従属関係の設定、予実管理などが可能

  • プロジェクト テンプレート

    各プロジェクトに必要となるタスクが類似している場合、テンプレート化しておくことで、新規作成が容易に

  • フィルタリング機能

    カテゴリーや重要度、期限超過、担当者など、様々な要素でプロジェクトデータの抽出が可能

  • クラウドサービス

    世界トップクラスのクラウドサービスと業界屈指のセキュリティー対策、いつでもどこでも自社のQMSにアクセス

資料ダウンロード

製品データシート

各マスターコントロール製品の特長や機能を紹介した資料です。

ソフトウェア
Q&A

法規制や規格、業界の動向など、様々なトピックをQ&A形式でご紹介しています。

 

システム導入に関するご相談などは、
お問い合わせフォームより必要事項を記入の上、
送信してください

 Ⓒ Copyright 2000-2017 MasterControl K.K.
ALL RIGHTS RESERVED.

ページのトップへ